読み聞かせをできなかったお母さんへ、負い目を感じないで!

Pocket

私は子どもが小さい頃にあまり読み聞かせをしてあげられていません。

「読み聞かせは子どもに良い!」という情報から、ずっと負い目に感じていました。

でも、いずれは本に興味を持ってくれます。

だから、負い目に感じないでください。このブログを読んで少しでも心が軽くなれば幸いです。

読み聞かせは大切

子供が生まれた瞬間からよく言われれることのうちの一つに

「読み聞かせって、とっても大切だよ。」というものがあります。

ネットをみても

「読み聞かせは学力に影響する!」とか

「子どもとお母さんの絆が深くなって自己肯定感が上がる」とか

良さそうなことがいっぱい書いてあります。こんなに効果を宣伝されると、やらないと母親失格のような気持ちになります。

まわりのお母さんに聞いてみてそうです。みなさん口をそろえておっしゃいます。

「特に勉強は教えていないけど、読み聞かせだけはちゃんとしていた。」

そんなお母さんに育てられた子供たちは、とってもしっかりとしたお子さんばかり。

やっぱり効果がありそうです。

子どもに読み聞かせをしてあげられなかった

でも、私は自分の子供にあまり読み聞かせをしてあげられていません。

私自身とにかく疲れていたのと、本に興味を持ってくれなかったからです。

長男は、お話の内容より「本」という物体に興味を持つタイプでした。

「本のページがぱらぱらする」という仕組みが面白かったようです。

なので、彼は絵本の内容よりもページが動くことに興味がいきます。

初めは聞いているのですが、そのうち自分でページをめくってみたくなり、自分でめくるとそれが面白く「次もめくりたい!」となり、

話の途中であっても、どんどんとページをめくってしまいます。

読んでいるこちらとしては、話が終わらないうちにどんどんページがめくられていくので、なんだか気色わるい。

消化不良…

疲れているうえでに毎回消化不良にさせられてしまうので、どうでも良くなって、「もうええわ!」っとなってしまっていました。

案の定

そうやって読み聞かせをしていなかったので、彼の成長にともなって数々の心配事がでてきました。

心配ポイント1:字を書けるようになるのが遅かった

3歳くらいから書ける子もいるようですが、小学校に入って初めて字を練習しました。

心配ポイント2:文章を書くのがとにかく苦手

何にもかけないタイプです。気持ちはわかりますが心配です。

心配ポイント3:音読が嫌い

はい、ネットの情報に書いてある通り、やっぱりあかんやん!という結果です。

ひそかに、この負い目をひきずってずっと過ごしてきました。

救われた一言

そんなとき、三谷宏治さんの「戦術的読書」という本に出会いました。

三谷さんは、小学校1年生の時に入院したことがきっかけで本が大好きになり沢山の本を読んでこられた方です。

その中で、ご自身のお子さんの読書の話にも触れていらっしゃいました。

そんな本が好きな人やったら子どもも無条件に本が好きなんとちゃう?と思っていましたが、どうもそうではなかったようです。

3人お子さんがいらっしゃるのですが、全く本に興味を持たない子もいらっしゃったようです。

ずっと本を読まずにきたけれど、好きな本に出会ってから本を読むようになったと書いてありました。

タイミングは子どもによって様々だから諦めずにいろんな選択肢を提案してあげるといいとおっしゃっていました。

めちゃくちゃホッとしました。

初めて興味を持った!

三谷さんの言葉に励まされ、折を見て「これ、面白いんとちゃう?」と

子どもの頃好きだった「ズッコケ3人組シリーズ」、毛色を変えて伝記物、「ざんねんな生き物図鑑」など

なかなか興味を持ってくれません。

そんな長男が「面白い!」と目を輝かせながら言ったのが、星新一さんの短編小説集です。

そいうえばYouTubeでも、テイコウペンギンとかフェルミ研究所といった毒のある動画を見ているな…

毒があるものが好きだったようです。

まだ自発的には読みませんが、寝る前に星新一の本を読んでと頼むようになりました。

まとめ

私は子供が小さい頃に、あまり読み聞かせはしてあげられませんでした。そのせいで長男は本が嫌いでした。

でも、小学校4年生になって初めて興味を持ってくれました。

だから、読み聞かせができなかったからと言って、負い目とか引け目には感じないでください。(そもそも完璧な子育てなぞできるはずがない!)

興味がないのは、

①タイミングが違うだけ もしくは ②本人が関心のない本を読んでいる

だけかもしれません。

ただ、折に触れていろんな選択肢を提示してあげることは大切かなと思います。

編集後記

暑いですね。

暑いからこそ楽しい、花火、プール、お祭り、旅行 etc

今年は、ぜーんぶお預けです。

このままではストレスが溜まるので、新しい生活様式に従って何か変わりになるようなものを探さないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

本に興味がないのは心配

小学校で

興味の対象は異なる

長男の好きな動画

フェルミ研究所、テイコウペンギンといったちょっとブラックな動画をみていることが多いです。