長期休暇明けのママが疲弊しきっている理由

Pocket

長期休暇は、子供たちとの闘いです!

今日から新学期

今日は、2020年1月7日(火)です。3学期が始まりました。

ばんざーい!

やっと、学校が始まってくれた。有難い!

子供ができるまで、夏休みとか冬休みが長期休暇がこんなに大変だと思ってなかった。

休みが始まる前は大人も楽しみなわけですが、長期休暇が終わるころには、疲れきっています。

可愛い子供と一緒にいられるのに、なんでこんなに疲れるんだろう?

私が、疲弊してしまう理由は3つです。

理由その1 宿題が大変!

理由その2 部屋が地獄!

理由その3 とにかく重い!

宿題が大変!

息子の通う小学校では、わりとしっかり宿題がでます。得意なものはわりと早く片付きますが、苦手なものは最後まで残ってしまいます。

長男は、漢字ドリルが最後まで残ります。

わかっているんだったら、休みの初めに手をつければいいものを、親子ともに学ばない…

休みの最終日に近づくと戦いが繰り広げられます。

実際に宿題をやり始めるまでにとにかく時間がかかる!

息子:どこまでやらないといけないのか?をプリントで確認する。たくさんあるなあ~と嫌になっているご様子。ノートを広げて、漢字ドリルの番号をとりあえずノートに書く。嫌々やり始める。

その途端、そばで遊んでいる下の子が気になり、下の子にうるさいからあっちいってという。下の子もなんで怒られるのかがわからず、言い返す。喧嘩になり、よけいにややこしくなる。

書いた文字がテキトー

そうこうしながらもなんとか、漢字の練習を始めますが、その字がなんとも適当です。

マスからはみ出るわ、薄くてみえないものがあったり、垂直の線のはずが斜めになっていたり…

私:見ているだけで、イライラ。しかも書き順が全く違う!(最近の小学校では、書き順はうるさく言われません)でも、抑えきれず、「今の書き順違ってるで」

と言うと息子の嫌々さに追い打ちがかかります。このあたりで二人の間に、険悪なムードが漂います。

消し方もテキトー

さすがに、これは読めへんわと思う字を消しなさいというと、消しゴムでサーっとなぞるだけ。

全然消えてへんやん!

そこに重ねて書くと、以前にもまして判別不能の字が完成!

ここにくるまで半日以上費やしているので、私も疲れ果てて「もう、どうでもいい…」

でもね、長男の気持ちはよくわかります。

漢字の練習って面白くないもんね。面白くないものはやりたくないもんね。どうにか面白くする方法はないかな?

部屋が地獄!

私の躾が悪いと言われればそれまでですが、部屋が地獄のように散らかります。

おもちゃは、出しっぱなし

お菓子のゴミもそこらかしこに散乱

さらには食べかすまで(-_-;)

ほんのちょっと目を離したすきにそうなってしまいます。

夢のようです(夢だと思いたい)

長男は、「片付けや~」というと片付けてくれますが、5歳の次男は動きません。

私:「一緒に片付かようか?」

次男:「イヤ!面倒くさい~」

(心の声)はあ?あんたがちらかしたんちゃうの?私もこんなん片づけたくないわ~

ここで、怒ってはいけない。冷静な私が待ったをかけます。

私:(怒りをぐっとおさえつつ)「じゃあ、片付けごっこしようか?」「競争やで、よーいドン!」

「よーい、ドン!」に反応し、動きだしてくれる日もあれば、動いてくれない日もあります。

動いてくれなければ、冷静な私が敗北し、怒りが爆発!⇒次男が泣き叫び、さらなる地獄絵図への世界へと突入していきます。

そんなとき、長男が次男にやさしく諭してくれる姿が唯一の光ではあったりするのですが、疲れるわ~

でも、私もこんなんやったから親の苦労が巡り巡って私に回ってきたんかな?

しゃーないな…

重い!

5歳の次男は、とにかくおんぶが好きです。

それ自体は、とっても可愛いいということは、よーくわかっています。

でもね、1日中おんぶしているのは、とってもシンドイよ。

しかも、座ったままのおんぶを許してくれず、「立ち上がって!」との指示が飛びます。彼の中で、おんぶは立ってするものらしい。

5歳児、結構重たい…

おんぶをしながら、ごはんをつくり、洗濯物を干します!

なんで、20キロ近いものをおぶったまま家事せなあかんねん!

次男なりに母の老化を気を遣って、筋肉トレーニングさせてくれているのでしょうか?

って

おもえへんわ!

でも、男の子なのでいつか口も聞いてくれなくなる日がきたら、あのころは可愛かったのに…って思うんでしょうね。

人間は複雑です。

子どもは面白い

宿題が嫌なのも

部屋の片づけが嫌なのも

ずっと抱っこやおんぶをしてほしい気持ちも

ぜーんぶわかります。

「子供らしくてええやん!」って思う気持ちと、「嫌なこともちゃんとできるようにならないと困る!」という気持ちの葛藤も疲れる原因かもしれないなと思います。

編集後記

今日は、事務所で給与支払い報告書の提出をしていました。あまりクローズアップされませんが、とっても面倒な作業です。